住まいについて思うこと

住まいの購入にあたっては、売買契約書が最も重要な書類です。手付金の扱いや解除の特例などを確認しましょう。

Navigation
住まいについて思うこと

契約書は住まいの売買で最も重要な書類

高額な商品である不動産の購入は、ごくわずかな例外を除いて、契約書を交わして取引を進めなければなりません。売主も買主も契約書に書かれた内容を守らなければならず、住まい購入にあたっては最も重要な書類となります。契約書に書かれたことは守られると思って良いですが、逆に言えば契約書に書かれていない内容については後で争うことが難しくなります。新しい住まいへの期待で胸がいっぱいになり、契約内容を斜め読み、などということのないよう注意してください。

契約書には売買代金や物件の所在地、登記簿情報などのほか、支払日や支払い期日、手付金などが明記されています。手付金を除く残金を一括で支払う日を決済日といい、入居可能日でもあります。住宅ローンを利用する場合はこの日から金利が発生します。契約書では特に手付金の内容について注意しましょう。手付金とは、決済日までに支払う内金のようなもので、物件価格の何%などと不動産会社によって決められていることもあります。契約を締結すると同時に支払うものですので、買主の都合で住まいの購入を取り止める時は戻ってきません。但し住宅ローンの審査に通らなかった時は契約を解除でき、手付金も戻ってくるのが一般的です。しかし口頭では後で言った言わないのトラブルになりかねませんので、必ずその旨が契約書に記載されているかどうか確認しましょう。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.