住まいについて思うこと

仲介業者を通じて住まいを売買する時は、媒介契約を結ぶことになりますが、購入者は一般媒介契約のみとなります。

Navigation
住まいについて思うこと

住まいの購入は一般媒介のみ

不動産を売却する時に、媒介した仲介業者に手数料を支払うことは皆さんご存知だと思いますが、実は仲介手数料は買主にもかかります。住まいの売却だけでなく、住まいの購入でも仲介業者と媒介契約を結んでいれば手数料が発生する、ということを覚えておきましょう。媒介契約には一般媒介や専任媒介がありますが、住まいの売却ではなく購入を希望するなら必ず一般媒介になります。つまり購入するならひとつの仲介業者に絞る必要はなく、いくつもの会社に同時に探してもらうことができます。

専任媒介とは、仲介業務を1社にのみ依頼する形式のことで、住まいの売却時のみ結ぶことになります。売却時でも複数の会社に買主を探してもらいたい時は、一般媒介契約を結ぶこともできます。一つの物件の買主、売主を同じ仲介業者が見つけたら、仲介業者は買主からも売主からも仲介手数料を受け取ることができます。このため住まい探しでは主に自社が専任で仲介している物件を紹介する傾向にあります。もちろん良い物件であればそれで良いですが、せっかくですから広い視野で探すほうが良いでしょう。購入希望なら1社に任せきりにせず、複数の仲介業者に物件を探してもらいましょう。希望する条件を明確に伝えることが大切です。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.