住まいについて思うこと

収入が低いと住まいの購入を諦めてしまいそうですが、住宅会社の後押しで、ローン審査が降りることがあります。

Navigation
住まいについて思うこと

収入が低いと住まいを購入できないか

安定している職業として公務員があります。公共的なところで仕事をしているので、まず仕事をしているところがどうかなることがありません。大企業においても同様なことから安定していると言えます。中小企業の場合は会社の方は少し不安がありますが、正社員であればその人がやめなければお給料をもらい続けることができます。アルバイトやパートとなると、正社員よりも少し立場が弱くなります。派遣社員でも継続的に仕事ができるかどうかわかりません。

収入が低い人は当然のことながら使えるお金は少ないです。そのために大きい買い物である住まいについても購入できないと諦めてしまうことがあります。でも必ずしも無理なわけではありません。新築が無理なら中古があります。一戸建てでなくてもマンションがあります。探せばそれなりに見つかるものです。問題としては、住宅ローンを支払っていけるかです。年収が低いことを理由に金融機関が貸してくれないことはあります。となると買えなくなってしまいます。

そこで救世主が現れることがあります。それが住宅会社です。購入者と金融機関の間に立って、この人なら返済できますと後押ししてくれることがあります。収入以外の部分の査定を入れてもらい、審査が降りることもあります。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.