住まいについて思うこと

少し前の日本では住まいはステータスだと考える人が多かったのです。しかしその意識としては低下しています。

Navigation
住まいについて思うこと

住まいが一種のステータスの時代は終わった?

みなさんにとって自分自身のステータスとは一体何ですか。その答えとしては本当に人それぞれだと思います。車と答える人もいれば、バッグなどの装飾品と答える人もいるかもしれません。そして住まいと答える人も多いのではないでしょうか。しかしそれは少し前の日本なのかもしれません。今となってはステータスということに注目をしている人は本当に少なくなっています。特に今の若者の場合にはそのようなことは別に念頭においていない人も結構多く存在しているのです。今回はそこに注目をして話をしていきます。少し前の日本の場合、住まいをステータスとして誇示するためにわざと大きな住まいを購入したり、住まいの中の飾るものをわざと高級品で揃えている人が多くいたのです。

しかし今の時代は他人に興味を示さない時代となっており、別にどこの誰が大きな良い住まいを購入しようと、うらやましがる人はそこまでいないのです。つまり自分が良いと思う住まいであれば良いのではないか。と客観的に捉える人が多くなっているのです。みなさんの中にもそのような考えを持っている人は多くいるのではないでしょうか。是非ともみなさんが住まいを購入するとなった場合にはステータスとしてではなく、自分が本当に求めているものだけを購入するようにしましょうね。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.