住まいについて思うこと

田舎の住まいを持つことは簡単ですが、暮らしていくのは大変なので一度体験してみるといいです。

Navigation
住まいについて思うこと

田舎住まいを成功させるためには

人には2種類のタイプがあります。田舎に住める人と住めない人です。田舎暮らしにあこがれて田舎に住まいを持とうとする人が増えてきていますが、自分のタイプがどのタイプか見極めた方がいいです。そのためにはまず田舎暮らしを体験してみることが大切です。

体験する方法はいくつかありますが、一番簡単なのは親戚の家にやっかいになってみることです。田舎の人付き合い、暮らしがよくわかります。でも田舎に親戚がない人はどこかに泊まるか家を借りるしかありません。ただ、借りられる家があるようなところに限られますし、本当の田舎での生活がわかるとは限りません。しかし、いきなり田舎に行き生活するよりは失敗しません。

田舎に向く人は近所付き合いをいとわない人でなければいけません。暮らしていくには助け合いが必要なのです。また、虫などがダメという場合もよしたほうがいいでしょう。住めば虫などとの戦いになります。車の免許も取得しておいた方がいいです。たいてい交通機関がないため車での移動が必須となります。田舎は確かに都会より空気がいいし季節を感じられ都会より人間として生活している気がしていいです。ですがそれだけ自然と向き合わなければいけないということなので住まいを維持するのは大変です。住んでみないとわからないことはたくさんあるので、長期のボランティア体験などもあれば積極的に参加してみましょう。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.