住まいについて思うこと

住宅性能評価制度に基づき性能評価された評価書付きの住まいには金利優遇など、様々なメリットがあります。

Navigation
住まいについて思うこと

性能評価書付きの住まいのメリット

最近の新築住宅の中には、住宅性能評価書付き、と書かれたものをよく見かけます。住宅性能評価書とは、2000年からスタートした住宅性能評価制度に基づいて、第三者機関が客観的に住宅を評価したものです。新しくスタートしたのは性能評価の基準を統一することであり、すべての新築住宅に性能評価書がついているわけではありません。但し契約してから買主が性能評価を依頼することはもちろん自由です。予め性能評価書がついていると、住まいの性能を客観的に知ることができますのでメリットが多いと言えます。

はじめから住宅性能評価書がついている住まいについては、その評価書に記載されている内容が保証されるという意味合いもあります。そのため、後に評価書の内容と相違がある場合は補償を求めていくことができます。また、優良住宅に対しては住宅ローンの金利や地震保険が割り引きなることも多いので、評価書の内容によっては優遇を受けることができます。住まいに関する紛争は費用と時間がかかることが多いですが、住宅性能評価書のついた住まいに関する紛争は、指定された紛争解決機関にて費用をかけずに解決をはかることができます。このようにメリットの多い制度ですので、評価書付きの住まいを購入するか、自費で性能評価を依頼するのも良いでしょう。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.