住まいについて思うこと

老後を暮らす住まいには、手すりや家庭用ナースコールといった設備を備えておくと、安心して暮らしやすくなります。

Navigation
住まいについて思うこと

老後を暮らす住まいに求められる事

少子高齢化がこの先もますます進んでいくと言われている日本社会において、老後をどう生きるかと言うのは大きなテーマとなっています。核家族化はますます進み、高齢者だけの世帯も珍しくありません。元気で体も動いているように見えても、足や腰など体の傷みを抱えていたり、転倒しやすくなっていたりと、日常生活の中には不便や危険が沢山潜んでいるものです。そんな中で、一人暮らしをしていたり、配偶者の介護をしているという人もいるのです。

そんな高齢者の暮らす世帯に、求められる事とはどのような事でしょうか。リフォームで比較的簡単に取り付けられるものとして人気なのは、手すりです。何も考えなくても体が動く時にはその必要性はなかなか分かりにくいものかもしれません。ですが、座った状態から立ち上がる時に体にかかる負担は、高齢になるにつれ大きなものとなります。浴室やトイレ、玄関や寝室など、住まいの中には立ったり座ったりする動作が必要になる場が多いものです。そこに手すりがあるだけで、随分負担が減るものなのです。また、もしもの時に誰かを呼ぶことのできる環境は、高齢者にとっては安心感のあるものです。家庭内であっても、浴室やトイレ、寝室といった一人になる場所に家庭用のナースコールを設置するのもおすすめです。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.