住まいについて思うこと

住まいの購入に住宅ローンを利用する人も多いと思いますが、主に3つの金利タイプの種類があります。

Navigation
住まいについて思うこと

住まい購入のローンについて

住まいはとても大きな買物ですから、専用のローン商品があります。いわゆる住宅ローンです。使途が自由なフリーローンはもちろんのこと、自動車ローンなど、あらゆるローン商品の中で最も金利が低いのが特徴です。しかし返済期間が数十年と長期にわたるため、低金利であっても金利部分は非常に大きな額になります。少しでも金利の低いローンを選んだほうが得だと思われがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。金利が低い代わりに繰上げ返済時の手数料が大きいなど、商品によって様々な特徴があるからです。自分に合った住宅ローンを見つけるのも住まい購入の大事なステップです。

住宅ローンの種類を金利タイプ別に分けると、固定金利、変動金利、固定金利期間選択型の3つになります。固定金利は返済額が急に上がることなく安心ですが、変動金利よりも高く設定されています。変動金利は返済額が見直される可能性がありますが、当初の金利は大変低いので、選ぶ人も多いです。一定期間固定金利とし、その後の金利を選択できる選択型は、固定と変動のあわせ技のような商品です。固定金利期間が終わった時点で返済額が見直されるのが特徴です。35年返済なら1%金利に差があるだけで総返済額が数百万円も変わります。変動金利にはそういったリスクがあります。変動金利を選ぶ方は特に余裕のある返済計画を立て、無理のない住まい選びをしましょう。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.