住まいについて思うこと

住まいへの入居には不動産会社との取引が不可欠です。宅地建物取引業の免許番号からある程度の情報が得られます。

Navigation
住まいについて思うこと

住まい探しでは信用できる不動産会社に依頼する

どんな人にも住まいは必要で、住まいを契約するには不動産会社と嫌でも付き合わなければなりません。賃貸の場合でも仲介する不動産会社が物件の管理をしていることがあります。住まいを購入するとなると、尚更長い付き合いになります。購入する場合、不動産会社の選択が良い住まいを手に入れられるかどうかの命運を分けると言っても過言ではありません。不動産会社にはそれぞれ得意分野や特徴があります。中古の住まいを検討しているなら中古物件を得意とする会社、賃貸を借りるなら賃貸の仲介で多くの実績のある会社を選ぶようにしましょう。

不動産会社の良し悪しを判断するひとつの基準として、宅地建物取引業の免許番号を調べる、という方法があります。住まいの広告には必ずその物件を扱う不動産会社の免許番号が記載されています。各地の整備局や、インターネットなどで会社の概要を知ることもできますが、簡単な方法としては、免許番号から更新回数を知ることができます。宅地建物取引業の免許番号は国土交通大臣や都道府県知事など、免許を与えたものの分かる識別番号、更新回数、個別識別番号から成っています。真ん中の数字が更新回数です。更新回数が多ければ会社としての歴史が長い、つまりある程度信用できると言えるでしょう。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.