住まいについて思うこと

不動産会社を介して住まいの売買をすると、仲介手数料が発生します。法律で上限が決められています。

Navigation
住まいについて思うこと

住まいの売買にかかる仲介手数料について

住まいの購入や売却で不動産会社を仲介した場合、購入や売却の契約が成立すれば仲介手数料が発生します。仲介手数料はいくらでも良いというわけではなく、法律で上限額が決められています。200万円までの部分、400万円までの部分、と細かくパーセンテージが決められており、この額を超えて請求されることはありません。あくまでも上限額ですから下回る分には構いません。住まいの契約をする前に、最大でどれくらいの手数料が発生するか予め計算しておかれると良いでしょう。大抵のお住まいは400万円を超える契約額になると思いますので、契約金額の3.15%+63000円と覚えておいてください。2000万円の物件ですと69万3000円になります。結構な額です。

この仲介手数料には、住まいの売買に関わるあらゆる手数料が含まれています。印紙代等は別ですが、広告に使った費用、営業活動で発生した交通費等を別途請求されることはありません。内覧の付き添い等ももちろん含まれています。仲介手数料の上限を超えて請求してくるような会社は論外ですが、それ以外にもこういった訳の分からない手数料を請求してくる会社は要注意です。法律で決められているのはあくまでも上限額であるのに、まるで法律で決まっているかのような物言いで上限額を請求してくる会社も良心的とは言えません。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.