住まいについて思うこと

住まいにおいて、住宅の売主は住宅瑕疵担保責任保険に加入します。欠陥の発生が少なければ、保険料率が下がります。

Navigation
住まいについて思うこと

住まいにおいて住宅瑕疵担保責任保険

自動車保険に加入することがあります。特に何も無ければ、毎年値引率がアップしていきます。ですから、何もないように心がけることができます。会社が支払っている労災保険については、何もなければ保険料率は変わりませんが、何かあるとどんどん増えてしまうことがあります。ですから、起こらないように現場の指導などを行っています。保険に関しては、保険金を支払う可能性が少なければ率が低く、可能性が高ければ率も高くなるようになっています。

住まいを購入するとき、加入する保険の一つに住宅瑕疵担保責任保険と呼ばれるものがあります。この保険については、購入者が加入するものではありません。住宅の売主が加入するものになります。住宅を販売したとき、その建物が建てられてから10年以内に何かがあれば補償をする必要があります。売主がそれを負担しなければいけませんが、多ければ困ることになります。一定の保険料を支払っておけば、万が一補償をすることになっても負担は少ないです。

ただ払えば良いだけでは品質の向上につながりません。こちらにおいては、一定の条件で保険料率を変動させているようです。過去の欠陥の発生率によって、少なければ保険料は低く、多ければ高くなるように設定されています。
Copyright (C)2017住まいについて思うこと.All rights reserved.